相続相談や税務相談なら|さくら相続センター株式会社

0120-339-137│ご相談、お問い合わせはこちら

専門家の選び方:弁護士・司法書士・行政書士

相続専門ご相談者にとって最も相応しい専門家は違います

近年、弁護士・司法書士・行政書士には「相続が専門」を売りにしている方が増えています。しかし、弁護士は弁護士業務、司法書士は司法書士業務、行政書士は行政書士業務とそれぞれの専門業務範囲内の仕事しかする事ができません。それ以外の話になると「それは別の専門家にお聞き下さい」と言われてしまうのが現実です。そのために、いろんな専門家に相談していくなかで、

「分割協議が振り出しに戻ってしまった…」
「知らずに借金まで相続することになった」
「相続税を払いすぎていた」
「倍ちかくの報酬を支払っていた…」
「たらい回しにされた…」

などの声も、少なくありません。

そうならないためにも、しっかりとそれぞれの専門家に相談・依頼するメリットとデメリットを理解しないといけません。それでは、一般的な弁護士や司法書士、行政書士がどのようなことをしてくれるのか?について一緒に見ていきましょう。
 

弁護士は何をしてくれるの?

最近はテレビ番組などを通じて、気さくな弁護士や弁護士の人となりを知ることによって、弁護士に対するいわゆる「敷居」は低くなってきました。また、弁護士への相談や依頼の仕方も、年々一般個人の方に浸透しつつあるのではないでしょうか。

相続における弁護士のメイン業務は、やはり訴訟、裁判などの争いごとです。もめるようなケースでは弁護士はプロ中のプロ。きっと相談者の立場に立って、争いごとを解決に導いてくれるでしょう。 ただし、このページで取り上げた専門家の中では、報酬が一番高額なのは事実。あなたのお悩みが「裁判所で争う必要のあるほど、既にもつれている事」=弁護士が必要な事案であるのか、がポイントになるでしょう。
 

司法書士は何をしてくれるの?

相続における司法書士の業務は相続不動産の名義変更遺言書作成が主なものといえます。また、成年後見制度に詳しい司法書士もなかにはいますので、なかなか頼もしい存在です。弁護士と違い裁判における依頼者の代理人としての業務はごくごく限られていますので、訴訟などに発展したケースではなにもできませんが、そうなる前の段階で力を発揮するため、司法書士の業務を「予防法務」と呼ぶほどです。

近年は、相続を専門とする司法書士が増えてきていますが、相続で必要となる諸手続きや相続財産の調査、相続税に関しては専門外ですので「相続問題の全てを任せられる一番の相談相手」とまではいえないかもしれません。ただしこの点においては、関連士業の方すべてにいえる事なのですが…
 

行政書士は何をしてくれるの?

相続において行政書士はどのようなことを依頼することができるのでしょう。行政書士の仕事のメインは許認可の申請で、相続に関する業務では、遺産分割協議書の作成が依頼できます。

しかし、相続問題に関わったことがない行政書士もいまだに多く、また、資格者1人で業務を行っている個人事務所がほとんどですから、組織的対応という点では多少難ありかもしれません。



その他の専門家はどうなの?比較してみましょう!
相続専門アドバイザー 税理士・ファイナンシャルプランナー 金融機関・不動産会社


フッター